2016/02/09

トリニダード旅 29日目【CARNIVAL Monday】

今日はCARNIVAL Monday

早朝から演奏があるということで

朝の5時にパンヤードに集合した




トリニダードでは月曜日の深夜から早朝にかけて

J'ouvert Morningがある

泥やペンキや絵の具を体に塗り合う

厄払いの一種的なお祭り




向かう道中

とにかくドロドロやったりカラフルやったり

グチャグチャに汚れまくった人達とやたら遭遇する

お酒も飲んでいて油断していると

車もドロドロにされるので

バイオハザードのゾンビを避けるかのように

町をグルグル回りながらヤードに向かった




パンヤードでは大きなフロートに

所狭しとパンが乗せられていた
曲のカウントが始まり

ボンブチューンが演奏され始めると

フロートが動き出した

人が歩くぐらいのゆっくりのスピードで進み

フロートの周りを色んな人達が

曲の4分音符のリズムに合わせて

ステップを踏みながら進む
僕も一緒に歩きながらSTAGを飲んだ

徐々に空が白み始め朝を迎えた



しばらく歩いてフロートに乗ると

上から見える景色が素晴らしかった

そして何より周りを歩いている人の多さに驚いた
途中何ヶ所かジャッジをするポイントがあり

一度止まって演奏をする

その何箇所目かでトリニダードのスティールパン協会的な

PanTrinbagoの前での演奏の際

2016のパノラマチャンピオンとして

Desperadoesが紹介された

会場は沸きに沸いてそこではパノラマで演奏した

Different meを演奏

今日一番の盛り上がりだった

そのまま町をグルグル回りながら演奏を繰り返した

演奏していると

雰囲気や空気感が大阪のだんじり祭りに

似てる部分があってなんだか懐かしくも感じた

昼過ぎには一度パンヤードに戻り

散会となった

次は夜7時ぐらいに集合と言われ

一度帰宅

仮眠を摂り

パンヤードへ向かうもダウンタウンに入るルートが

ことごとく通行止め

しっかりPoliceが立っている

パンヤードに行きたい旨を伝えても

パスがないとダメの一点張りで

一度引き返す事態となった

こちらで暮らす日本人の方に送っていただき

パンヤードに到着するも

何だか人気がない…

みんな連日寝てなくて疲れてるんやろな

と思ってても2〜3時間経っても人はあまり来ず

メンバーに聞いてみると

「今夜は演奏しないよ。ライミングだけ。演奏は明日の朝からだよ」

え?

そうなの?

話が違うじゃないですか!

苦労して来たのにー!!

と思いつつもヤードでメンバーと

ダラダラとライミングするのもこれまた楽しい

これはこれで良しとしましょうか

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。