2016/01/24

トリニダード旅 13日目【The day before semi final】

セミファイナルの前日

ということもあり

今日はテナーパートの

セクションプラクティスがあるという

いわゆるパート練習ってやつです
いつもより4時間も早い

15時に集合との事でしたが

案の定トリニタイム全開で

15時に来たのは僕を含め4〜5名ほど

結局始まったのは16:30頃かな…





バンドメンバーの1人が入院したらしく

一昨日は赤

昨日は黒

今日は白の服で来なさいという

トリニダード国旗と同じ

カラーコードがあった

入院とこの色が何の繋がりがあるのか

どういう気持ちが込められてるのかは

さっぱり聞き取れなかった




こういった服も指定されてても

着てこない人は着てこない

トリニダディアンの緩さの部分




セクションプラクティスはなかなかハード

曲の頭から改めて

音の確認とリズムの確認

4時間近く練習した後

そのままバンド全体の練習へと

切り替わっていった

さすがに疲れた。。




休憩中

明日のセミファイナルの出演者の

メンバー発表があり

セクションリーダーのアンドレが

立ち位置と共に

メンバーの名前を読み上げる

ドキドキして

アンドレの声に耳を傾ける

しばらくして

「Jai Sakamoto」

と聞こえた

「Yes sir」

この返事の仕方で合ってるのかわからんけど

心の中でガッツポーズ

真面目にコツコツやってきた努力が報われた

それぐらいテナーパートの枠は倍率が高い

毎年来てる人達からすると

こんなことはなかったみたいで

これもアレンジャーにザンダさんが

就任したからかもしれない





今日日本からみかちゃんが到着して

Desperadoes Japaneseは4人になった!

練習後

デスパーズのレジェンド

ウーシェラさんが急に手を繋いできた

そのまま手を引きフードコートへ

ウーシェラさんのビジネス

ベイク&シャーク屋さんの売れ残りを

包んで一つくれた

「for me?」

ウーシェラさんは頷いた

やったー!!

僕の喜ぶリアクションが面白かったのか

彼女は大笑いしてた

とてもハッピーな気持ちだ




その後

アンドレがピラウとシチュードチキンを

差し入れてくれた

今日はやたらと食べ物にありつける

シチューの中に鶏肉とは別の肉が入っていた

何の肉か聞いたら

みんな口を揃えて同じことを言うけど

聞き取れない…

何回聞いてもジラフって聞こえる

え?

トリニダードではキリン食べるの!?

と思って驚いたけど

正解は砂肝(gizzard)でした…

こちらに来てから

こういう聞き違い、認識間違い

日常茶飯事です

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。