2016/02/07

トリニダード旅 26日目【The day before final】

今日は朝から雨が降ったり止んだり

こういう日はまとめて買い物を済ませちゃう

家の近くにわりと大きい

ウェストモールがあるのでそちらへ




土産物やら買ったあとスーパーで

新規のチョコレートドリンクを購入
これ今までの中で一番まろやかでヒットかも!?





夕方になり雨も上がった

少しシルバースターズのヤードへ遊びに行って

晩御飯にMario's pizzaに行ったのだが

ハンバーガーとポテトのセットが

待てど暮らせど出てこない…




やたらと店員の数は多いのに

髪の毛のエクステンションの品評会みたいなことしてたり

グダグダだべってる

お前が喋るのやめてポテト揚げて

お前がパティ焼けよ!

なんて思ったが仕方ない

結局40分ぐらい待ってようやく…

こんなところでトリニタイムを

食らうとは思わなかった…

いつもなら

トリニタイムも気にせず待てるけど

今日はMirandaと髪の毛を編む約束があり

時間が迫っていたのでイライラ…




ヤードまではタクシーで行った

トリニダードに来てからずっと

自分で車を運転していたので

タクシーの経験も出来た

だから待たされたことも良しとしよう





こちらのタクシーは一目で

タクシーと一般者の見分けがつかない

基本乗り合いで同じルートに行くタクシーを

捕まえて降りたいところで

運転手に合図を出し4$払う

日本円で¥70ぐらいだからお安く

庶民の足になっている





パンヤードに到着するとまだMirandaは来ていなかった

お待たせせずに済んだ=3




少し待っているとMirandaが来た

すぐにパンヤードでの青空美容院が開院

Caribビールのケースに座って

ベースパンのラックの狭間でやってもらった


1時間弱ぐらいで約半分

ここで練習開始の合図

仕方なく半分編み込み半分サラサラの

変な髪型で練習開始
次の休憩時間で続きをやってもらい

それでも終わらず

次の休憩時間で仕上がった!
あとで写真見たら

すごい複雑に入り組んでる!!

立体交差?ジャンクション?

すごいテクニックに感嘆の言葉しか出ず

ほんとに彼女はすごいアーティストだ

Mirandaには多大なる感謝の気持ちを伝え

またまた練習

ファイナル前日ということもあり

夜中の3時にまで及んだ

後半はもう寝ながら演奏してた

でも寝ながらでも演奏できるぐらい

曲が体に入っているのかと嬉しくなった




明日への意気込みをマネージャーが話し

衣装を手渡された
ヤードではラックを

会場のサバンナに運ぶ作業が行われていた
夜中のうちに済ませておくということらしい

昼夜休みなく働いているサポーターの方々や

オフィサー、メンバーには

本当に感謝です



さぁいよいよ泣いても笑っても明日がファイナル!

テナーは人数が多くて出れない人も居るらしいです

今年は厳しい競争だとわかっていて

今までチャレンジしてきました

その人たちの分まで

みたいな綺麗事は言える余裕はないけど

自分はDesperadoesの一員だという誇りを持って

与えられたチャンスを大切に

しっかり悔いのない演奏をしたい

もちろん楽しむことも忘れずに

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。