2016/02/06

トリニダード旅 25日目【Shock!!!!】

今日は昼間からダウンタウンへお買い物

道中大きな火事があり

道が封鎖されまくってていつも以上に大渋滞

なんとか辿り着き車を停めダウンタウンへ





パンヤード近くのCharlotte Streetには

たくさんの露店が並ぶ




野菜や果物、衣服のお店が多いけど

時には女性ものの下着なんか売ってる店もあり

見て歩くだけで面白い♪♪




土産になりそうなものを見て回ったりしてたら

あっという間に時間が経ち

6ベースのモランダに

髪の毛を編んでもらう約束の時間が来たので

一度パンヤードへ戻った





すると…

あれ?

車がない…

すぐにピンときた

これはレッカーされましたね…

トリニダードでは昔の大阪以上に路上駐車が多く

基本的なルールさえ守れば法律上認められている

ルールを破ればすぐレッカーされる

日本と同じ駐車禁止の標識があり
このように曜日別になっている所も

これなら火木土は停めちゃダメってこと

ちなみに反対車線は月水金

同じ場所でも曜日によって

車線を変えれば問題ないということなのに

うっかり曜日を間違い木曜にも関わらず

停めてはいけない側に停めてレッカーされた

ということです…




メンバーのダリルに話すと

「まだ引き取りに行く時間間に合いそうだから急いで行こう。500TT$かかるけど持ってるか?」

500TT$!!!!!

日本円で約¥9000…

痛い出費だわ。。

仕方がないので彼の車でSea Lotsにある警察署へ
建物内にあるガランとした場所で待たされる
前の順番の人がボロカスに怒られてる…

え…500TT$+お説教ですか?

ドキドキして待つ

僕の順番となり奥の金網のところに呼ばれ

免許証と書類を渡す
横でダリルが全部説明してくれた

「彼は日本人のスティールパンプレイヤーで我々Desperadoesの一員だ。パンヤードの前に少し車を停めていたらレッカーされちゃったんだよ。」

「おー!!パンやってるのね♪♪しかもDesperadoes!!いいじゃないの〜♪」

と超高反応

お?印象良さそうやん♪♪

怒られずに済みそうやし罰金負けてもらえるかも?

「はい、500TT$払ってね」

そうは問屋が卸さない

そんなうまい話世の中にはない

しっかり罰金を納めて

最近マイブームのダブルスをお弁当に購入し

パンヤードへ戻った

ちょうどモランダが来て髪の毛を編む時間

同じDesperadoesのメンバーみかちゃんの

髪の毛も編む約束だったのでlady firstで
彼女はアーティストだ

あっという間にすごく素敵な髪型が完成!
ここで練習の開始時間が迫っていたので

僕の髪は明日に持ち越し




昨日滞っていた曲のエンディングが固まり

今日は集中的にその箇所をドリル練習

エンディングがドラマティックになった

途中賄いのコーンスープを飲み
ひたすら練習

さすがに体の疲労感がすごい

しかもパンヤードに来る人の数も尋常じゃなく

全く風が通らず暑い





ことごとくトラブルというトラブルに

巻き込まれている気がするけど

その度に誰かが助けてくれて

それをきっかけに更に仲良くなれるし

優しさに触れてその人のことを好きになる

そしてトリニダードという国が好きになる

トラブルは大変だけど

こういう経験ができて良かった

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。