2017/01/22

Day2 【Start practicing】

移動の疲れもあり


グッスリ寝た


近くのモールのスーパーへ買い出しがてら


同じモール内にある


Turkish coffeeのお店でブランチ


独特の香りのTurkish coffee


コーヒーの香りに木の香りが足されたような


飲み終わったカップに


粉っ気が残るぐらいドロドロで


その残った粉の模様や形で運勢を占ったり


なんてこともあるみたい


これ目の錯覚でもなんでもないですからね

僕が大きいんじゃなくて

カップが小さいのです





スクランブルエッグの


ブレックファーストメニューと共に


いただきました





スーパーで少し買い物をし


セクションリーダーAndre


練習の約束を取り付けていたので


パンヤードへ




到着すると


Junior Panoramaに向けて


Youth teamが練習していた


Andreの娘Elizabeth


一年の間に物凄く背が伸びていて


びっくりしたが


Youth teamでテナーベースを弾いていて


更に驚いた




まだ昨日会えていなかった


メンバーにも会えた


今日はdesperadoesのレジェンドTashと


天才Crixのお誕生日だ


Tashは僕の顔を見るなり強くハグしてくれた


いつもの挨拶「One love」と


たくさんの喜びの言葉をかけてくれた






そして「Jaiさん」「Crixさん」


と呼び合う仲のCrix


若干24歳で全ての種類のパンを


叩きこなす天才


今年はYouth teamのアレンジャーも担っていた


しかもアレンジがかっこええ


天は何物を与えるのだ


雨模様だったので

屋根のあるテントの下で


Andreに決まっているアレンジを教えてもらう

 

まだそんなにアレンジは長く決まっていなかったので


一通りは覚えたけど


なんせ楽譜がなくて基本口伝えなので


後半のフレーズを覚えると


ロケット鉛筆方式で頭の方のフレーズが抜けていく


何度も何度も繰り返して


筋肉にも覚えさせる


雨がきつくなり


屋根の穴からポツポツと楽器に雨が漏れる


楽器に溜まった雨水をたまに捨てながら


繰り返し練習





ほどほどに練習して


Andre達と食事を買いに


Long Circular Mall


トリニダディアンフードが食べたくて


フードコートのcafe caribbean


フライドライス

ビーフのオイスターソース炒め


をオーダー


これで21TT$(約¥400ぐらいかな)




パンヤードで食事を摂っていると


Andre


「今日は雨だからNo practiceだよ」


って事で夜の練習はお休み


緩い


実に緩い


でもこの緩さも


desperadoesが好きな理由の一つ


 




よし今日は帰って呑んじゃおう!


帰宅してRumで酔っ払うライミング


たくさん話して


たくさん呑んで


たくさん笑った


このライミングの時間が


旅の時間も音楽も豊かにする


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。