2016/02/19

トリニダード旅 38日目【Life doesn't always】

昨日にも増して早起きし

再び空港へ

まだ外は暗い




まるでデジャブを見てるかのように

チェックインをして

ダブルスで腹ごしらえ


無事搭乗するも

予定の時刻になっても飛ばない…

乗客から不満が漏れ出す

またもや2時間ほど待った頃

機内アナウンスが流れた

「当機は荷物を積み過ぎた為、重量オーバーとなってしまいました。一度ゲートに戻り荷物を積み直します」



アホかー!!

荷物の積み過ぎってなんやー!!

計算して積めやー!!

ボケー!!!!





怒り虚しく

積み下ろし作業が始まり

結局出発したのは予定より4時間後のことでした





僕がトリニダードに未練があるのか

トリニダードが僕を帰さないのか

帰る予定だった土曜日から4日と半日も経っていた




トリニダードからアメリカのヒューストンに到着

昨日取り直したトランジットのチケットも

4時間も遅れたせいで乗れなくなってしまった

また取り直しだ

とにかくこの旅はトラブルが多い

日本の常識が通用しないことが痛いほどわかった




予定を変更して

ヒューストンからサンフランシスコへ行くことになった

ヒューストンのカスタマーサービスのおっさんの話だと

サンフランシスコに着いたらカスタマーサービスで

説明してホテルを手配してもらえとのこと

ホテルで一泊してサンフランシスコを朝に発つ

飛行機に乗れとのことだった





しかしながらこのおっさんが手配してくれた

チケットは異様に日本に到着する時間が遅い

成田でも羽田でもいいから一番早いのにして

って言ったのに!!





またもやカスタマーサービスとの戦いだ

無事早い便に変えてもらうことに成功

一つまた一つと課題がのしかかる…





無事ヒューストンからサンフランシスコに到着し

カスタマーサービスにホテルの手配を頼んだ

朝の飛行機さえ遅れなければ

今頃日本行きの飛行機に乗れていたわけで

この一泊は僕のせいではないから

もちろんホテルは航空会社持ちだろう





と思っていたら

僕の英語が拙いせいで

僕のミスで飛行機が遅れたと勘違いされている

いろいろと説明したが

しょうもないピンクの紙切れ一つ渡され

追い返された

しかも調べてみたら

ホテルを紹介するだけのもので

200US$以上かかりやがる…




僕の隣では同じような境遇の方だろうか

カウンターで揉めたあげくブチギレして

ピンク色の紙切れを丸めて投げつけていた

僕の英語力云々より

ユナイテッドの扱いがひどいのかもしれない…





結局今夜はサンフランシスコの空港で寝ることになった

行きも帰りも空港で寝ることになるとは…

帰れると思っていたのに帰れなくなると

急にホームシックになった

あぁ…

玉子かけご飯が食べたい…

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。