2018/02/14

Day33【Carnival Sunday】

昨日は帰宅後

悔しすぎてふて寝した

昨日はまだ現実を受け止めきれてなかったけど

一晩寝たら落ち着いた




勝ち負けの結果が出る世界に

一歩足を踏み入れたのなら

みんなが一番を目指して本気を出すのは当然の話

だからこそ全力を尽くして

勝者は敗者に

敗者は勝者に

最高の称賛とリスペクトを示さなければ





今日は睡眠時間が足りていないけど

月曜日のコンサートのリハーサルがあるので早起き

Uberで練習場所まで向かおうと思ったけれど

カーニバル期間中で料金が割高

たかたが2kmぐらいの距離で100TT$もかかる

歩きながらタクシーを探す

町は各所に出店用のテントや

カーニバルの時のジャッジ席などが設けられ

カーニバルの準備が進められている











































































ルートタクシーのドライバーを口説いて

Pandemonium Panyardまで送ってもらった




AndreKwesiTerryと何度か曲を通す





















前回のリハでアレンジは仕上がっていたので

数回合わせたらあとはリラックスタイム

自由に好きな曲を弾いたりしてセッション

とても楽しい時間を過ごさせてもらった

昨日あんなに落ち込んでいたのに

音楽とトリニダードの風が浄化してくれたような

音楽の力って素晴らしいなと改めて思った





















のんびり過ごして歩いて帰路に向かう




























途中のShopでSeamossという海藻のPunchを見つけたので購入

可もなく不可もなくちょっと変な味...



























今夜はパンチューナーAndyさんのお家にお呼ばれしていた

シティゲートから赤のMaxi Taxiに乗って

東のBaratriaという町へ
























Andyの家族やお友達

数名の日本人と飲んで踊ってライミング

Andyお手製のPelauがバカウマで

何度もおかわりしてしまった





















ここでも音楽と料理とビールと風が気持ちよくて

飲みすぎてしまった

でもまたここでも音楽の力を感じた気がした

帰宅は12時を回っていた

明日は早朝から?深夜から?

ジュベモーニングでパレードだ!






そういえば

メンバーのKwesiがいつも着けているネックレス

とても素敵だなぁ

聞けばお友達の手作りだとか

誰かこんなの作ってくれないかなぁ

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。